banner

合同会社の定款認証

合同会社の設立時の定款の認証について

合同会社は、新会社法が施行されたことで新しく誕生した会社スタイルです。
これは株式会社と比較をしていくと、どのような違いが在るのかが明確になっていきます。

また、合同会社は、会社設立を行う際に作成を行う、会社の憲法とも言う定款の作成において自治性が在る事や、公証人役場での認証が不要になると言った特徴が有ります。

尚、株式会社と合同会社、どちらの会社設立を行う場合でも、定款を作成する事には変わりありません。
これは会社の基本的なルールであり、会社を作る時には必ず作成をしなければならないわけです。

但し、合同会社を設立する場合は、会社の特性からも持ち分会社であり、自治における範囲が広いのが特徴となります。
そのため、自由に規定を作成する事が出来ると言うメリットが有ります。
基本的なルールの中には、予め定めておくべき必須事項と、条件によっては定めておくべき事項、そして任意に定めれば良いと言う事項の3つが有ります。
合同会社の場合も、この3つのルールを定めておくことで会社の効力を持たせることが可能になるわけですが、株式会社と比べると、会社法に違反をしなければ規定を広範囲に定められると言うメリットがあるわけです。

更に、株式会社を設立する時の定款は、公証人役場で認証を得る必要が有ります。
書類の中に不備があれば、その認証は不可と言う形になりますので、会社を作ることが難しくなります。
しかし、合同会社の場合は公証人役場での認証が不要になりますので、会社を作ることが出来る可能性が高くなるわけです。

更に、定款を認めて貰う場合には、費用が必要になります。
この費用は5万円と言う金額になるものですが、合同会社の場合は5万円を節約する事が出来るわけです。

また、会社を作ることで登記をしなければなりません。
登記は会社を登録するという事であり、法務局で行う事になるのですが、冬季を行う際には登録免許税を支払う事になります。
登録免許税は、株式会社の場合では15万円と言う費用が必要になりますが、合同会社の場合ではそれが6万円と言う金額で会社を作ることが可能になるわけです。

この事からも、費用面で行けば、14万円と言う費用を節約する事が出来ると言ったメリットがあるのです。
尚、この会社スタイルは、株式会社などとは異なり、出資者全員が代表権を持つことが出来ます。
そのため、代表取締役となる人は全員であり、全員が代表社員と呼ばれる肩書きになるのが特徴なのです。合同会社設立を迅速にしたいのであれば一度専門家ないし、会社設立関係の事務所に聞いてみるとはかどるかと思います。

Copyright(c) 2014 合同会社で設立する時、必要なこと All Rights Reserved.